目のピントが合わない サプリ

目のストレッチでアンチエイジング効果を最大にする方法

目のアンチエイジングとは言っても、目の小じわの話ではありません。
目の中、毛様体筋のストレッチをしてコリをほぐし、老眼の進行を少しでも抑えましょうという話です。

 

目のギュッパ体操

 

@目をギュっとつぶってパッと開けたら上を見る
A目をギュっとつぶってパッと開けたら下を見る
B目をギュっとつぶってパッと開けたら右を見る
C目をギュっとつぶってパッと開けたら左を見る
D目をギュっとつぶってパッと開けたら斜め右上を見る
E目をギュっとつぶってパッと開けたら斜め右下見る
F目をギュっとつぶってパッと開けたら斜め左上見る
G目をギュっとつぶってパッと開けた斜め左下見る

 

最初はゆっくりでもOKです。
慣れてきたら、スピードをアップしてみましょう。
たまに、慌てて、視線を上に向けたまま目をギュっとする次の動作に入ってしまう時があります。
が、それも違う形で目の周りのストレッチができますので、気にしないで大丈夫です。

 

お風呂に入りながら、リラックスした状態で行うのがおススメです。

 

近くと遠くを交互に見る運動

目の前の自分の指先、2m〜3m先のボトルのラベルなどを交互に見る運動です。
この時大切なのが、ピントを合わせるということ。
多少時間が掛かっても、ピントを合わせることがこの運動のキーポイントです。

 

ヨガ(首から上の毛細血管に血液を流す)

いつも出来るものではありませんが、ヨガのポーズでスッキリすると病みつきになるかもしれません。
おススメの3ポーズをご紹介します。

 

うさぎのポーズ


つむじを床にあて、お尻を上に上げるポーズです。

 

猫のポーズ


背中のストレッチですが、上半身の血行促進に効果的なポーズです。

 

コブラのポーズ


猫背を矯正し正しい姿勢を取戻すためのポーズです。
疲れ目、眼精疲労には、正しい姿勢がとっても重要です。

 

 

管理人も、こうした努力が必要なのは分かっているのですが・・・

いまのところは、目のピントサプリメントでしのいでいます。