目のピントが合わない サプリ

目のピントが合わない! ピント調整に目薬の効果は?

目薬の主成分

目薬に含まれるピント調整機能に働く有効成分は、主に以下の2点です。

 

●メチル硫酸ネオスチグミン
●ビタミンB12

 

それぞれの効果詳細を調べてみました。

 

メチル硫酸ネオスチグミン

目の毛様体筋に作用して疲れを改善するたえめの成分です。

アセチルコリンエステラーゼの阻害作用により、毛様体筋に作用して目の調節機能の低下を抑えて目の疲れを改善する目的で使用されます。

 

*アセチルコリンエステラーゼとは、興奮伝達物質のアセチルコリンを加水分解し、興奮作用を終焉させる物質のこと。
アセチルコリンエステラーゼを阻害すると、アセチルコリンの働きが活性化し、神経の動きが活発になります。
これにより、疲労感の軽減に繋がると推察できます。

 

福作用(ほとんどありませんが、以下の2点が懸念されます)
・まぶたの腫れ・充血・かゆみ・目の周りの皮膚のかぶれ
・一時的な眼圧上昇(緑内障の方は自己判断での使用は控えましょう)

 

疲労回復の目薬には、全般的に含まれている成分です。
用法容量を守って使用しましょう。

 

 

ビタミンB12

ビタミンと言うと野菜のイメージですが、ビタミンB12に限っては違います。
動物性のビタミンと言われており、最初は牛の肝臓から発見されています。

 

ビタミンB12は血液を作るのに必要で、特に赤血球を作り出す造血ビタミンと言いわれています。ビタミンB12が不足すると、末梢神経の修復作用が低下するので、肩こりだけでなく、神経痛、腰痛、しびれ、眼精疲労などの末梢神経障害をおこしやすくなります。

 

さて、ここまでは点眼薬(目薬)の成分と、その効果を検証してきました。
次は、サプリメント(特に私が現在使用中のアイジャスト)の成分について調べてみます。

 

サプリメントの成分

サプリメント同士の成分比較はこちらです

 

アイジャストの主成分は以下の3点です。
・アスタキサンチン
・DHA
・クロセチン

 

アスタキサンチン

アスタキサンチンは、抗酸化成分の中でも、特に秀逸な成分として注目されています。
同じ量で、比較すると、βカロテンの5倍、コエンザイムQ10の800倍、ビタミンEの1000倍、ビタミンCの6000倍の抗酸化作用があるという結果が公表されています。

 

なぜアスタキサンチンが、これほどの抗酸化作用があるかと言うと、そこにはアスタキサンチン最大の特徴があります。
他の抗酸化成分は、細胞膜の中には入れません。
しかし、アスタキサンチンは、細胞膜の中にまで浸透し、ミトコンドリアで作られる活性酸素に働きかけることができる成分です。
合わせて、優れた抗炎症作用もあることが分かっています。

 

毛様体筋の細胞の中にまで浸透し、細胞レベルでの疲労や炎症を軽減させてくれる成分です。

 

DHA

魚油の中に含まれていることで知られている成分です。
これが私たちの目の構造に必須の成分だという事はあまり知られていません。
目の網膜内に40%〜60%を占めている成分で、目の網膜を正常に形成するために欠かせないものです。

 

クロセチン

紫外線からの悪影響を予防する効果、眼精疲労軽減効果が知られている成分です。

 

ここで疑問が生じます。
サプリメントは飲むわけですから、せっかくの有効成分が身体全体に行き渡ってしまい、目に働く成分は残されるのかという事です。
私がサプリメントに対し、常に疑念を抱いていたことの一つでもあります。
そして、今回、アイジャストならと思ったのも、その1点に尽きます。

 

最大の有効成分であるアスタキサンチンが6mg配合されていること。
この6rという数値は、身体が1日に必要とする最低量をクリアしているからです。
という事は、必ず毛様体筋の疲労回復にも効果が出るだろうと期待が持てました。

 

サプリメントは、そもそも即効性を期待できるものではありません。
身体が必要とする成分は、まず命に係わる臓器に最初に供給されます。
それらが満たされてから、各部署に供給が始まります。

 

だから、サプリメントの注意書きには必ずこう書いてあります。
栄養バランスの整った食事を摂りましょう

 

食事が偏っていては、サプリメントを飲み続けても、効果を感じられるまで時間が掛かてしまいます。
という管理人も、かなり食生活が偏っています。
だから、アスタキサンチンが必須量を満たしている目のピントサプリ「アイジャスト」を選んでみました。

 

目薬(点眼薬)vsサプリメントのまとめ

ここまで調べて、私個人の感想になってしまいすが、ケースバイケースでどちらも良いと感じました。
視神経の疲れやドライアイ、瞬間的に毛様体筋の疲労をリカバリーするには目薬を。
毛様体筋の疲れを、しっかり取り除きたいと思うなら、サプリメントが良いのではないでしょうか?

 

早速私も目薬を買ってみたいと思います。
2大成分が配合されていれば市販品でOKだと感じました。