目のピントが合わない サプリ

毛様体筋の機能低下って、どういうことでしょうか?

目が痛い、ピントが合わない、これらすべてを目の疲れだと思っていました。
目の疲れとは、視神経の疲れだと思っていたのですが、どうやら違うようです。

 

 

眼精疲労と目疲労との違い

そもそも、眼精疲労と目疲労が違っていたようです。
それぞれ、しっかりと定義づけがあるようなので、ご紹介します。

 

眼精疲労とは

物を見ているだけで目の疲れや痛みを感じたり、頭痛や吐き気を、嘔吐などが起こる症状。
眼精疲労に陥ってしまうと、単純に睡眠を取ったり、目の酷使を避けたりしても、回復がしない重篤な状態を言います。

 

 

また、眼精疲労と目の渇き(ドライアイ)には密接な関係があることも分かっています。

ドライアイの症状を訴える約60%は同時に目の疲れを感じ,眼精疲労の患者の約60%はドライアイの症状がある

 

稀に、カラコン(カラーコンタクト)が原因で、ドライアイを発症し眼精疲労へと進行することがあります。
美容目的で、安易なコンタクト選びは禁物です。

 

 

目疲労とは

目が疲れてショボショボするなど、いったん休憩すれば回復する状態を言います。
それでも頭痛などが引き起こされることがありますので、無理せず、目を休めてあげましょう。

 

 

 

 

毛様体筋の働きと目の構造

水晶体は、カメラのレンズの役目をします。
その後ろにあるのが、目の大部分を占める硝子体(ショウシタイ)で、画像を視神経まで透過する役割があります。
画像を受け取った視神経は、それをデジタルデータのようにして脳に信号を送ります。

 

ということで、目のピント調整に一番重要なのが、レンズである水晶体です。
ただ、水晶体がそこにあるだけでは、ピントを合わせることができません。
毛様体筋が、水晶体を薄く延ばしたり、分厚く丸めたりして、焦点を合わせる作業を瞬時に行っています。

 

 

この毛様体筋が疲れてしまうと、フォーカス作業に時間が掛かってしまいます。
そして起こるのが「ピントが合わない」という現象です。

 

 

毛様体筋の機能低下とは

毛様体筋の機能低下とは、毛様体筋の疲労が回復せず、近くを見ていた状態から遠くを見るなどしたとき、なかなか水晶体を調節できない状態を言います。
これは、加齢などが原因で起こるのが一般的ですが、スマホの見すぎなどで、目を酷使した場合にも起こります。

 

ピントが合わないという現象に遭遇したら、既に眼精疲労に陥っているか、その1歩手前だと自覚し、何らかの対策が必要になってきます。

 

 

毛様体筋の機能回復に必要な対策

毛様体筋の機能を回復するには、血行促進と疲労回復成分であるビタミンの摂取が重要です。
点眼(目薬)では、目の渇きを一時的に潤す程度の効果しかありません。
食べ物やサプリメントなどで、補ってあげる必要があります。

 

また、当然ですが、目を休ませることも重要です。
スマホやタブレットだけではなく、趣味の内容などによっては目を酷使する場合があります。
目が疲れたと感じたら、まずは休憩を! 目のピントが合わなくなったら、数日間の休息も必要だと覚えておきましょう。

 

 

眼精疲労を眼科で治療した場合

眼精疲労を眼科で治療してもらうとしたら、どういった処置になるのでしょうか?
「眼鏡の調整,ビタミンB12点眼,調節賦活剤の点眼」と言った、主にドライアイに主眼を置いたもののようです。

 

涙は、目の表面の渇きを防ぎ、目に着いた最近などを洗い流し、栄誉を補給すると言った役割があります。
ドライアイになると、目の表面に傷がついたり炎症を起こしたりして目の機能が損なわれます。
結果的に、これが眼精疲労の悪化につながるため、第一の治療がドライアイに注力したものになるようです。

 

ただ、この治療を続けたところで、眼精疲労が完治する可能性は極めて低いのが現状です。
やはり重要なのは、毛様体筋のピント調整機能の回復では?と思うのは、管理人だけでしょうか?

 

 

私は、毛様体筋の疲労回復に直接働きかけるアスタキサンチンサプリを飲んでいます。