目のピントが合わない サプリ

目のピントが合わない時に試したいピント調整機能の活性化

 

 

毛様体筋トレーニング

幾つか方法があるようですが、ここでご紹介するのは、道具も時間も必要ない簡単な方法が二つです。

 

遠くと近くを交互に見る

昔から、近眼の予防に遠くを見ると良いと言われたことがある人も多いはずです。
実際、近くばかり見ていると、毛様体筋がその位置で固まってしまい、近眼の原因になったします。

 

ピント調整機能を高めるためには、近くも遠くも瞬時にピントを合わせる必要があります。
だから、手元と遠くの景色を、それぞれ3秒ずつ交互に見るというのが効果的です。

 

例えば、親指を目の前に立て、その指先を3秒見る。
素早く腕を目いっぱい伸ばして、その指先を3秒見る。
こうした直ぐ使えるものを利用しても行える、簡単な方法その1です。

 

片目ずつ見る方法

そして、二つ目。
遠方にあるものを片目ずつ交互に見る方法です。

 

最初は、両目でしっかり対象物を見ます。
その後、同じものを片目ずつ交互に見ることを繰り返します。

 

これらを数セット、毎日繰り返すことで、毛様体筋の筋トレが可能です。

 

目に良い食べ物とは

以下の成分を含む食べものを意識して、目のために摂りたいものです。

 

  • アスタキサンチン
  • ルテイン
  • アントシアニン
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB12
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • βカロテン
  • カルシウム
  • マグネシウム

 

アスタキサンチン

カニ・エビ・いくら・鮭・鯛など

ルテイン

ほうれん草・ブロッコリーなど

アントシアニン

ブルーベリー・ビルベリー・カシスなど

ビタミンA

うなぎ・シソ・パセリ・ブロッコリーなど

ビタミンB1

うなぎ・ゴマ・牡蠣・大豆など

ビタミンB2

納豆・シジミ・鯖など

ビタミンB12

マス・鮭・マグロなど

ビタミンC

柑橘系のフルーツ類など

ビタミンE

アーモンド・いか・かぼちゃなど

βカロテン

ニンジン・にら・すいかなど

カルシウム

小魚・海藻類など

マグネシウム

海苔・カシューナッツなど

 

好き嫌いなく、正しいと言われる食生活を実行すれば、身体だけではなく、目の疲労回復や目のピント調整機能を高めるためにも効果が期待出来るようです。

 

 

目に負担を掛けない生活とは!?

必要なことは、たったの3つです。

 

PC作業を長時間続けない

同じ姿勢で同じ対象物を見続ける必要があるPC作業は、実は動物的な見地からは、とっても異常な状態です。
視覚が発達した我々人間に、この状態が日常になったのは、本当に最近のことです。
ブルーライトを始め、目への刺激が強いことや、距離が固定されることなども含めて、毛様体や網膜には大変危険です。

 

仕事だからと諦めないで、時々は目を休ませてあげましょう。

 

スマホの長時間使用は、目の自殺行為

PCが無くても、スマホ一つで、生活に不便を感じることはありません。
長時間、オンラインゲームをスマホで楽しむ人も多いでしょう。

 

しかし、パソコンと同じように、目への負担は認識を大きく超えています。
長時間の使用は、意識して避けるようにしましょう。

 

適度な運動をする

最近の眼精疲労の原因の一つに、ストレスが挙げられています。
適度な運動は、ストレスの軽減に効果的な他、遠くに目をやることで、毛様体筋のストレッチにも効果的です。

 

散歩など、日常的に手軽にできる運動を見つけて、それを継続することが大切です。

 

そんな時間も努力も無理!という方には、目のピントサプリをおススメします。