目のピントが合わない サプリ

目のピントサプリ徹底比較 アスタキサンチンVSアントシアニン

 

アスタキサンチンとは

アスタキサンチンは、抗酸化成分の一つで、赤色系のトマトのリコピンやニンジンのβカロテンと同じ「カロテノイド」と呼ばれる色素の事です。
鮭、特にベニザケ、鯛、えび、カニ、イクラ、フラミンゴなど、赤い色素を持ったものに含まれています。

 

鮭の卵が赤いのは、川の浅瀬に産み付けられる事により、浴びてしまう紫外線から守るためです。
鮭の身が赤いのは、餌となるオキアミが赤いからですが、オキアミを食べてアスタキサンチンを体内に取り込むことで、川を遡るストレスに対抗するのが本来の目的と言われています。

 

では、アスタキサンチンを体内に取り入れることで起こる効果とは何でしょうか?
あらゆるものは、酸素と結びつくことで酸化します。リンゴが変色したり、鉄が錆びたりするのも酸化現象です。
その酸化を防ぐ作用を、抗酸化作用と言います。

 

アスタキサンチンは、抗酸化成分の中でも、特に秀逸な成分として注目されています。
同じ量で、比較すると、βカロテンの5倍、コエンザイムQ10の800倍、ビタミンEの1000倍、ビタミンCの6000倍の抗酸化作用があるという結果が公表されています。

 

なぜアスタキサンチンが、これほどの抗酸化作用があるかと言うと、そこにはアスタキサンチン最大の特徴があります。
他の抗酸化成分は、細胞膜の中には入れません。
しかし、アスタキサンチンは、細胞膜の中にまで浸透し、ミトコンドリアで作られる活性酸素に働きかけることができる成分です。
合わせて、優れた抗炎症作用もあることが分かっています。

 

成人が1日に必要とされるアスタキサンチンの理想量は6mg以上です。
鮭の切り身なら12切れ程度。イクラなら丼ぶり4杯も必要になってしまいます。

 

ところが、アイジャストなら、1日1粒で6rが摂取できます。
これで、まずは基本量がクリアできるサプリメントになっています。

 

アイジャストの詳細はこちらです。

 

 

アントシアニンとは

目に良いサプリと言えば、昔から聞いていたのがアントシアニンではないでしょうか?
ブルーベリーは目に良いんだよという、アレです。
では、アントシアニンとは、どんな成分なのでしょうか?

 

アントシアニンは、ブルーベリーやビルベリー、カシス、アサイーなどに含まれる抗酸化物質ポリフェノールの一つです。
色素は、赤紫や青紫が一般的ですが、実際は赤、黒、紫、青など、約500種類が確認されています。
ブルーベリーなど、夏に実を付ける植物には、紫外線などから守るための抗酸化成分として、ポリフェノールが沢山含まれているものが沢山存在します。

 

では、アントシアニンの効果には、どんなものがあるのでしょうか?
アントシアニンは、目の網膜に存在するロドプシンの再合成を促します。

 

ロドプシンは、光の情報を集め、脳に伝達する働きをします。
ロドプシンは、光情報を集めるたびにビタミンAに分解され、再合成することでその働きをエンドレスで行っています。

 

しかし、最近はパソコンやスマホなどで、膨大な光情報を処理する必要があり、再合成が遅れてしまいます。
そうしたことが、目の疲れに繋がり、白内障や緑内障の起因になっています。

 

アントシアニンは、ロドプシンの再合成を促進させ、眼精疲労の軽減や白内障、緑内障の予防に効果があります。
また、最近では、内臓脂肪・血中脂肪の蓄積や血糖値の上昇を抑えて高血圧、動脈硬化を予防することも報告されています

 

ただし、アントシアニンはそれ自体が酸化しやすく、体内に入る前に効力を失ってしまう場合があるという残念な場合があります。

 

アスタキサンチンとアントシアニンのまとめ

眼精疲労を感じている、目の奥が痛いなどの症状や、パソコン、スマホの使用時間が長いと自覚している場合は、アントシアニン。
それが更に悪化して、目のピントが合わない、老化により毛様体の働きが衰えている場合は、アスタキサンチン。
それぞれの症状に合わせた使い方が、一番効果的なようです。

 

目薬(点眼薬)についての詳細はこちらです

 

 

 

 

 

目のピントサプリ有効成分比較

 

アイジャスト

めなり

えんきん

アスタキサンチン

6r

1mg

4mg

アントシアニン

0

170mg

0

ルテイン

0

12mg

6mg

DHA

30r

0

50mg

クロセチン

7.5r

0.68mg

0

公式サイト


 

 

参考

◎ルテイン
光刺激による網膜剥離の予防(効果はアスタキサンチンの1/6)
◎DHA
目の網膜内に40%〜60%を占めている。網膜形成を正常にするために必要な成分。
◎クロセチン
紫外線からの悪影響を予防する効果、眼精疲労軽減効果が知られている。

 

 

アスタキサンチンの効果、実感しています!