目のピント調整サプリ

目のピントが合わない!不適正な眼鏡が瞳の寿命を縮めるという怖い話

疲れ目は合わない眼鏡が原因かも

眼鏡、あってますか?
合わない眼鏡で無理して見ようとすると、眼精疲労の原因になることがあります。
日本人の3人に1人は近視とも言われています。

 

肩こり、首コリ、頭痛を薬で誤魔化さず、眼鏡が合っているかどうか、目の疲れの原因になっていないか、もう一度シッカリ確認することをおススメします。

 

 

 

合わない眼鏡が体調不良を引き起こす原因

人間は、5感の中でも、特に視覚から得る情報を最大限に活用する動物です。
その視覚からの情報が、ボヤけていると、的確な判断ができません。
結果的に、ストレスをため込むことになり、頭痛や吐き気、眩暈などを引き起こします。

 

人間の目は、リラックスをしている時は、自然と遠くを見るようにできています。
これは、毛様体筋の緊張をほぐすための自己防衛本能とも言えます。
しかし、長い時間、合わない眼鏡で近くを見続けると、毛様体筋が固まってしまい、緊張をほぐすことができません。

 

眼鏡が合わないと、上記2点の理由から眼精疲労や体調不良を起こす確率が跳ね上がります。

 

合わない眼鏡で近視が悪化

近視の人は、そもそも毛様体筋のピント調整機能が低下しています。
それを補ってくれるのが、眼鏡です。
その眼鏡のピントを合わせる距離がが合っていないと、毛様体筋の緊張が取れず、さらにピント調整機能が低下します。
せっかく眼鏡をかけているのに、逆に視力を落ちていく、そんな現象は出来るだけ避けたいものです。

 

眼鏡の度数が強すぎませんか?

通常は、3mくらいの距離を取って視力検査を行い、それに合わせた眼鏡をつくります。
が、日常的な生活や仕事では、目の前数十cmから1m程度の範囲を見ることが多くありませんか?
どうしても車の運転や、外を歩く時のためを考慮して眼鏡を作ってしまいますが、理想は2パターン用に使い分けられる眼鏡があると良いですね。

 

近視だからと、3mにピントを合わせた眼鏡を使って30cmのパソコンの画面を見続ける状態を過矯正と言います。
これも目が疲れたり、体調不良を引き起こす原因となります。

 

知らず知らずに老眼かも・・

最近では、目の疲労が進むことで、目の老化が著しく、老眼の発症が30代になっているそうです。
老眼が入っていることに気がつかず、近視の眼鏡を使い続けると、ピントが合いにくくなります。
疲れだろうと放置しておくと、老眼が加速してしまいます。

 

変だなと感じたら、眼科での受診をお勧めします。
目の老化が早まると、白内障や緑内障の危険が高まります。
目のピントが合わないことを、軽く見てはいけません。

 

眼鏡のフィット感って大切!

眼鏡を購入すると、スタッフさんが眼鏡の掛け心地をチェックしてくれますよね。
眼鏡が耳に無理なくかかっているか、眼鏡のカーブが顔に沿っているか、緩かったりきつかったりしないかなど。
これは、眼鏡のレンズの中心と、目の中心(アイポイント)を合わせるための作業です。
これが合ってないと、レンズが十分機能しません。

 

使い続けている間に、眼鏡がずり落ちてしまうようになったら、購入した眼鏡店で絞めなおしてもらいましょう。
自分の眼鏡が合っているかどうか不安だと感じたら、眼科や測定機能のある機械を持った眼鏡店に相談されることをおススメします。

 

私も眼鏡をかけています。
近視で老眼なので、眼鏡の使い分けを始め、微妙に面倒が多いのが悩みの種です。
眼精疲労を常に感じているので、目のピントサプリメントで老眼の悪化防止を試み中です。

 

 

 

 

関連ページ

老眼の原因と症状
目のピントが合わない! それなりの年齢になったら、一番疑わしいのは老眼です。昔は、近眼の人は老眼にならないと言われましたが、決してそんなことはありません。 老眼の仕組みを調べてみました。
二重に見える原因と症状
目のピントが合わないのは老眼だけではありません。物が二重に見える原因と症状別にご紹介します。
目のピント調整機能は回復できるのか!?
目のピントが合わない! サプリを飲まなくても回復できるのか? 日常生活で気を付けたいことなどを含まて調査してみました。
縦にズレて見えるのはナゼ?
目のピントが合わない! 全て縦にピントがズレて見えるのは、何が原因なのでしょうか? 通常のピントが合わないという状況とは少し違うようなので、調べてみました。
急にピントが合わなくなった
目のピントが合わない!それも、突然そんな症状が出たら、危険信号かもしれません。なぜ危険なのか、あらかじめ知っておいても損はありませんよ。